看護師が転職するためには仕事を続けるべきか、辞めるべきか

仕事を辞めて転職活動に専念したいけど、収入がないのは不安・・・

看護師が転職するためには仕事を続けるべきか、辞めるべきか

看護師が転職する時は、しっかりと計画を立てて行う必要があります。 何も計画せずに転職をしてしまうと、あとで後悔することになってしまいます。 後悔しないためにも、どういう流れで転職が行われるのかを理解しておきましょう。

まず、考えなければならないのは、仕事を辞めてから転職をするのか、 仕事を続けながら転職をするのかということです。 それによって転職の流れが変わってきます。

まず仕事を辞めてから転職をする場合、期間が短い長いに関わらずブランクが 発生するというデメリットがあり、転職活動の期間が長ければ長いほどブランク も長くなりますし、次の就職先に対し妥協してしまう可能性が高くなります。

また、収入が無い期間ができてしまうため、その間の生活費などを確保して おかなければなりません。

しかし、その反面、時間がたっぷりと確保できるため、面接の日程や病院を訪問する時間などを確保しやすいことや、求人を探す時間や書類作成に時間をかけることができるため、じっくりと次の転職先を探す事ができるというメリットも持ち合わせています。

仕事を続けながら転職する場合、求人を探す時間や書類作成にかける時間が 取れなかったり、病院を訪問したり、面接の日程などの時間調整が難しいなどの デメリットがあります。

しかし、その反面、良い求人が見つからなかった時は転職活動をやめて今の仕事に 専念したり、収入が毎月あるので、時間的にも金銭的にも余裕を持つ事ができるなどのメリットもあります。

実際は、仕事をしながら転職活動をしていますが、途中でスケジュールが合わない、 時間的余裕がないなどの理由から、結局仕事を辞めて転職活動するという人多い のが現状です。

しかし、いきなり仕事を辞めてしまって、新しい転職先を探すというのは少なからずリスクがあります。

収入が無いこと、すぐに良い求人に巡り合えるとは限らないなど、様々なリスクが伴います。初めて転職を考えているという看護師には、まず働きながら情報を集めていくことをお勧めします。